忍者ブログ
営業時間、定休日などは変更されている場合がございますので信用しないでください。 変更された情報がございましたら、コメントでお知らせいただければ幸甚です。
Admin・:*:・Write・:*:・Comment
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
みなさんこんにちは。
わたし、ラーメンが大好きなんです。(知ってるか)
2007年2月1日に当ブログを開設しましたので本日で10年経ちました。(開設日以前の日付の記事は他のブログやSNSからの移動です)
地元青森市を中心にこれまで1,000杯以上のラーメンを投稿しました。
思い出します。小説「津軽百年食堂」巡りをしたり、目標であった青森県40市町村制覇もでき、やはりラーメン店巡りは楽しいものと再認識しております。
同じラーメン屋さんを重複して投稿しないというスタイルのブログですので、継続していくのには本当に厳しいです。ネタ不足でへこたれそうになります。

10年間で好きだった青森県内のラーメンブログの閉鎖や長く休んでいるブログもございます。誹謗中傷コメントが多いのも原因の一つです。本当に悲しいことです。
なぜかこのブログには残念なコメント被害がないのですが、普通のコメントも少ないです(笑)
また、動画「津軽百年食堂」や「東北ラーメン八十八ケ所+11」を作成してラーメン店を紹介したりもしましたが残念ながら閉店されたお店もございます。長い間美味しいラーメンをありがとうございました。

地元のラーメン情報の収集はブログや掲示板からSNSに移ってしまったかもしれません。それでもこれまで190万以上のアクセスには感謝してます。
年間の食べるラーメン数は年々減ってますが、体重は年々増えておりまして・・・10年前と比較すると10kg増えました。
あと何年継続できるか分かりませんが、今後とも「津軽ラーメンあーかい部」をよろしくお願いいたします。


さて、今日はどこのラーメンにしようかな・・・

拍手

PR

先月閉店した青森市中央の「さくらば食堂」と、奥野の「木村食堂」に続き、また昭和の大衆食堂が今日閉店してしまいます。

青森市港町三丁目の「港屋食堂」
1964年創業ですので半世紀もこの地で営業を続けた老舗です。

この近くのスポーツ会館をよく利用しているので、運動後や試合の合間に何度も足を運びました。

4人掛テーブル4卓の小商いな狭い店舗ですが、昭和ノスタルジー満載で心がほっこりと落ち着く。
この建物は解体して更地にしてしたしまうそうです。
ラスト港屋食堂に選んだメニューは他店では見かけない「とろろこんぶラーメン(600円)」

鶏ガラスープに細い縮れ麺という昔し懐かしい風味のラーメン。とろろ昆布がとても合いますのでご飯が欲しくなります。
しみじみ旨いです。
青森市内には後継者不足等により自分の代で閉店させる予定の老舗食堂が他にもあります。
寂しいです。
港屋食堂のご家族は閉店後は県外で違うご商売をするようです。
どうかお元気で頑張ってください。そして長い間お世話になりました。
ごちそうさまでした!

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ にほんブログ村 地域生活ブログ 青森情報へ

hp.gif

拍手


私たちの住む街からどんどん大衆食堂が消えていく。
青森市役所裏の1963(昭和38年)年創業のさくらば食堂も店舗の老朽化と体調不良等を理由に明日10月31日、市民に惜しまれながら52年の歴史に幕を閉じる。
昭和の香りを漂わせる懐古的な造りの店に次から次へとお客さんが入ってくる。鳴り止まない電話のベル音が悲しく店内に響く。
私の「ラストさくらば」として悩みながら選んだメニューは「手打ちワンタンメンカレーセット」にした。昔からメニューに無いものでも作ってくれるありがたい食堂だ。
ラーメンとカレーの馥郁たる薫りが満ちてきて、同時に中学校の頃からの思い出が巡る、巡る・・・
しみじみと追懐し、こぼれ落ちそうになる涙を堪えながら食べた。
食べ終えたお客さんは会計のときに「ありがとうございました」と言う。
お店の人も深々と頭を下げて「ありがとうございました」と言う。
自分も長い間ありがとうございましたと挨拶をして、年期の入った暖簾くぐって冬の雨の降る帰路についた。寂しいな。

本当に長い間本当にありがとうございました。ごちそうさまでした。










※手打ちワンタンメンカレーセット(2015年10月30日撮影)
※店舗その他(2015年9月7日撮影)

チョキちゃんの記事
一日一麺さんの記事


にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ にほんブログ村 地域生活ブログ 青森情報へ

hp.gif

拍手


古本屋さんで見つけた「第一阿房列車」を読了。
内田百閒の紀行文「阿房列車」シリーズに青森のラーメンのことが書かれているのを知り、予てよりぜひ読んでみたかった本だ。
1955年の新潮文庫版の復刊で、仮名遣い等は現代文に改められているので読みやすい。
青森のラアメンは「奥羽本線阿房列車 前章・後章」に登場します。
本を読むと著者の内田百閒と、同行した弟子のヒマラヤ山系(平山三郎)が青森の駅の近くでラアメンを食べたのは1951年(昭和26年)10月26日。
青森駅に12時34分に着いてから乗り継ぎ列車が発車する14時10分の間であろう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
蕎麦屋へでも這入ろうかと云いながら歩いていたら、蕎麦屋より前に支那蕎麦の看板が目についた。私は支那蕎麦に余り馴染みはない。しかし山系の好物である。だから旅は道連れの仁義からおつき合いする。先年彼の地から帰って来た者に、本場の支那蕎麦はどうだと尋ねた。あちらにこんな物はありません。支那蕎麦の本場は新橋の烏森の辺りでしょうと云った。山系君も兵隊で行って北京を知っている。そちらが本場でないとすれば、帰って来てからラアメンを啜って曾遊を忍ぶと云うのも筋違いである。然るに中途半端な時、何か食べたかと聞くと、必ず支那蕎麦と答える。腹中に隙さえあれば支那蕎麦を食うと云うのは、何となくお行儀が悪く、意地きたなの様だが、青森まで来てそんな事を洗い立てても悪い。
~~~中略~~~
その内に支那蕎麦が出て来た。向こうのテーブルのお客はカツレツ弁当を食べている。一品料理も出来るらしい。焼け跡に建った新装の食堂である。山系君がこの支那蕎麦はうまいと教えてくれた。僕だってうまいさと云うと、そうではない、この麺が大変よろしい。ちぢれ工合と歯ざわりが、こんなのは滅多にありませんと云って、瞬く間に開いた大きな丼を平らげた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、戦後青森駅前に新装開店した食堂は何という食堂なのだろうか?今もある食堂なのだろうか?
その歯ざわりのいいちぢれ麺に合わせたスープは煮干しダシだったのだろうか?
あ~。食べてみたいな。


にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ にほんブログ村 地域生活ブログ 青森情報へ

hp.gif

拍手


いろんなマンガ家のマンガが大集合。
これを読んだら間違いなくラーメン食べたくなります。

拍手

HOME次のページ
ブログ村
にほんブログ村 地域生活ブログ 青森情報へ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
どんドコ丼
イケ麺時計
どんぶりの雷文模様が時計になってるよ
プロフィール
HN:
どんドコ丼
性別:
男性
自己紹介:
主に地元青森市のラーメン食べ歩き日記です。
他のブログやSNSに書いている自分の日記から、ラーメンだけを抜粋してまとめております。

今のところ「1ラーメン屋さん1日記」です。

カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
最新CM
[04/16 T.KEN]
[03/27 りりり]
[03/26 一日一麺]
[03/16 腹ペコ]
[02/09 lon]
リンク
カウンター
バーコード
ホームページ
リンクフリー
Copyright©津軽ラーメンあーかい部 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 中華素材*ASIAN SOZAI
Template by わらみ~
忍者ブログ [PR]